友人代表スピーチのポイント

目のクマをキレイに消し、無かったことにする方法
結婚式までにクマは消しておきましょう!
透明感のあるプリプリの目元でウエディング♪

友人代表スピーチのポイント

結婚式でいちばん盛り上がるのは友人のスピーチですね。友人の挨拶にも
いくつかパターンがあって、数人がグループでマイクの前に立って、少しずつ
スピーチをするケースもありますが、ここでは、「友人代表」としての挨拶を
取り上げたいと思います。

 

マイク

結婚式の挨拶で求められるのは、他の出席者
が知らないとっておきのエピソードです。型に
はまった挨拶ではなく、心のこもった挨拶で
2人の門出を祝福してあげたいものですね。

 

ただし、友人代表として挨拶をする場合に、
絶対に守らなければならないポイントもあります。
友人とは言っても、幼なじみ、同級生、会社の
同僚など立場はさまざまです。

 

しかし、結婚式での共通の注意点としては、
「親しき仲にも礼儀あり」というように、暴露話はタブーですし、上から目線の
スピーチをしないこと、また、なれなれしすぎないことなどがあります。

 

暴露話や内輪話というのは、話す人や聞く人が面白いと思っても、新郎新婦や
親族から見れば、すでに過去のことであって、「恥をかかされた」と思うかも
知れません。中でも異性問題の暴露話は、結婚式という晴れの席が興ざめして
しまうことになりますので、これは絶対に避けなければなりません。

 

どうしても異性にモテた、というエピソードをおり込みたいのであれば、新郎は
非常にもてたにもかかわらず、新婦一筋で全く見向きもしなかった、という風に
まとめるべきでしょう。 それから、結婚式での下ネタは絶対にタブーです。

 

結婚式は、おめでたい席であると同時に、改まった席でもあるわけで、初めて会う
親族や出席者もたくさんいます。あまりにも馴れ馴れしくて砕けすぎた挨拶だと、
挨拶をした友人だけでなく、そんな非常識な友人を代表に選んだ新郎新婦も批判され、
常識を疑われることになってしまいますので、十分に気をつけなければなりません。