結婚式のスピーチで注意すべき点

目のクマをキレイに消し、無かったことにする方法
結婚式までにクマは消しておきましょう!
透明感のあるプリプリの目元でウエディング♪

結婚式のスピーチは、ここに注意!

結婚式のスピーチを頼まれたりすると、うれしいけれどドキドキですよね。結婚式の
スピーチでは、注意しなければならない点というのがいくつかあります。まず、どの
ような立場でスピーチを頼まれたのか、自分のスピーチは、結婚式の進行上のどの
辺でするのか、またどれくらいの時間スピーチできるのか、などをチェックします。

 

マイク

ただし、どのような立場で頼まれたにしても、結婚式の場では
守らなければならないルールもいくつかあります。
その代表的なものが「忌み言葉」と呼ばれるものですね。
これは当然のことながら、おめでたい席では禁句とされています。

 

例えば「去る」とか「帰る」は結婚式にはふさわしくない言葉なので、他の言葉に
言い換えるべきですし、四は死を連想させるため「よん」、九は苦につながること
から「きゅう」と音読するなど細かい部分にも注意を払う必要があります。スピーチ
は、必ず字で書いて、忌み言葉と考えられるものが入っていないかどうか事前に
チェックしましょう。

 

昔に比べると、結婚式のスピーチに忌み言葉を使っても、それほど気にされなくは
なりましたが、式には色々な年代の招待客が来ることでしょうから、できるだけ気
をつけた方がいいですね。また、他にスピーチをする方たちと内容が被ってしまうと
気まずいですし、招待客は同じ話を2度も聞くことになりますので、できれば司会者
などを通じて、あらかじめ内容の打ち合わせをしておく配慮も必要です。

 

さらに、よくある失敗としては、アドリブで話をだらだらと広げすぎて、時間をオーバー
してしまったり、逆に、作成した原稿の朗読になって親しみに欠けてしまうことが
あります。できればスピーチの内容を暗記しておいて、原稿はもしもの時の保険と
して用意しておく、というぐらいにしておきましょう。