結婚式での上司の挨拶

目のクマをキレイに消し、無かったことにする方法
結婚式までにクマは消しておきましょう!
透明感のあるプリプリの目元でウエディング♪

結婚式での上司の挨拶

結婚式のスタイルは、ここ10年程で大きく変わってきていますね。
たとえば、媒酌人を立てて結婚式を行うという昔ながらの形式は、
減少しています。また、神社での神前結婚式も数分の1に減りました。

 

マイク

最近の結婚式のやり方は、神前式の代わりにチャペル
でのキリスト教式の結婚式やレストランやガーデン、
ゲストハウスなどに教会の司祭に来てもらって、新郎
新婦が結婚宣言をするという形式が多くなっています。

 

また、全く宗教色を排除して、知人や友人たちを証人に、彼らの前で
結婚宣言をして婚姻届にサインをするという、人前式が増えています。

 

そして、ほとんどが、場所を移動することなくそのままの会場で披露
パーティーへと流れていきます。このように結婚式のスタイル自体には
大きな変化がありましたが、変わらないのは、主賓の挨拶でしょう。

 

結婚式の主賓には、たいてい新郎新婦の職場の上司が選ばれること
が多いのですが、それで差しさわりがある場合には、学生時代の恩師
が勤める場合もよくあります。

 

       

 

最近の傾向としては、主賓といえども固い挨拶は好まれません。特に
上司の挨拶では、部下である新郎や新婦に説教めいた教訓をしたい
ところでしょうが、ここは、できるだけさらりと流しましょう。また会社の
説明や自分の業績や立場の自慢めいたことは言わない方がいいですね。

 

また、難しい慣用句や「妻は夫を支えて夫唱婦随で云々」などと言う話は、
時代にそぐわないと心得ましょう。KY(空気が読めない)スピーチと
なってしまわないように注意をしなければなりません。